「風のかたみ」


あらすじ

時は平安時代後期。
信濃の若者・大伴次郎親信(坂上忍)は京の都に向う途上、妖艶な女陰陽師・杜女(岩下志麻)から、名高い笛師・喜仁(峰岸徹)の謎めいた笛を手渡される。
笛を手に上洛した次郎は、身を寄せた中納言(岸部一徳)の家でその愛娘・萩姫(高橋かおり)に心奪われる。が、萩姫は後宮への入内が決まっていた上、色事師・安麻呂(阿部寛)のとりことなっていた。
ある夜、安麻呂は盗賊・不動丸の一味に襲われ、床に伏せることに。
安麻呂の親友、検非違使の尉・宗康(永澤俊矢)の捜索空しく、萩姫も不動丸に襲われ、一命をとりとめる。
そんな中、姫の心を知った次郎は、自らの思いを抑え、姫の文を安麻呂に届ける。が、安麻呂は入内の決まった女に深入りするきは、なかった。
次郎の気持ちに怒りが宿ったとき”自分の心に忠実に生きよ”という杜女の言葉が響く。
情然とした次郎は姫をさらい逐電。が、安麻呂の心を知り、絶望した姫は何者をも受け入れられない。
そんな時、宗康の魔手が伸びてきた。
検非違使とは、仮の姿・・・宗康こそあの盗賊・不動丸だったのだ。
怒りと絶望に燃える次郎が鬼と化したのはその時だった。
そんな次郎の前に再び杜女が姿を現わす。果たして次郎はどう出る?そして姫の運命とは?

冒頭から、阿部寛の甘ーい声と甘ーいマスクが登場します。
阿部寛の役は、安麻呂というプレイボーイの役。阿部寛の”舞”も見られます。
舞台挨拶では、坂上忍さんが、”高橋かおりさんを阿部さんと永澤さんの三人で奪い合う役で、二人ともモデル出身なので、とてもかないませんが、そこは映画ですから。。。”とおしゃっていました。
ご期待を。 この映画は、英語の字幕スーパーがでています。
日本語がわからないとき?は、英語を見れば分かります。